最後の浅右衛門 / 団鬼六  

最近読んだ本です。

最後の浅右衛門


江戸時代に罪人の首切りを生業としていた人の話です。
なんとなく書店で見つけて読みたくなり購入しました。
人の首をはねるのは難しい事なんですね。
読み終えたんですが、まだ続きが出そうな感じです。


スポンサーサイト

Posted on 14:12 [edit]

category:

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

リンク

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

RANKING